現代の便利屋の利用と実情

以前、ビルとビルの隙間の駐車場の屋根に伸びた植物を切っている便利屋を見かけたことがあります。
便利屋とは、さまざまな日常雑事を代行してくれる業者のことで、最近では全国チェーンの大手から一人でやっている店舗までたくさんの便利屋があります。

一般的に便利屋がする仕事は、家庭内の片付けや掃除、障子や襖の張替え、家具の移動など、一人でやるにはちょっと大変なことが多いです。

他にも雨樋を修理したり、塗装工事、庭木の剪定など、専門的なことを請け負う便利屋もあります。

また、犬の散歩や留守番、結婚式や葬式などに出られない人の代行など、また家政婦のようなことまで基本的になんでもやります。
業務の幅が広いので得意分野もありますが、大手の場合、社員研修に力を入れ、顧客の要望に答えられる社員の育成も増えています。また特殊清掃のような特別な仕事を得意とする業者もあり、個人情報の漏洩には気をつけています。
反対に便利屋を開業することはどうでしょうか。

特に免許は必要ありませんし、少ない資金で開業できます。

しかし、開業当初は仕事も少ないのでもらった仕事はすべてやるという気持ちが大切です。


とはいうものの出来ないことまで引き受けて、失敗してしまえばその後の営業にも関わります。

その辺りの線引きが出来ることが重要でしょう。仕事はたいてい人がやりたがらない仕事です。
ですからやり遂げた時の達成感は格別なものがあります。

色々な依頼があって大変ですが、逆に何でも出来るので、スキルを磨けば追加料金をもらうチャンスも出てきます。

便利屋だからこそ色々なチャンスもあるのです。

https://www.youtube.com/watch?v=o_Rfhi1XvxY
http://www.terra.dti.ne.jp/~tomoyama/
http://nanapi.jp/114789/